So-net無料ブログ作成
検索選択

モデル志望の女子高生にわいせつ疑い、都立高校教諭逮捕…「こんな簡単にできるのか」(産経新聞)

 女子高生に現金を渡してみだらな行為をしたとして、警視庁少年育成課と板橋署は、児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで、東京八王子市上野町、都立高校教諭、兼次弘俊容疑者(47)を逮捕した。

 同課によると、兼次容疑者はインターネット上のモデル募集掲示板で女子高生と知り合い、昨年8月から1回約2万円で計5回にわたり、みだらな行為を繰り返していたとみられる。

 兼次容疑者はわいせつ目的だったことなど、容疑を認め、「こんな簡単にできるものかと思った」と供述しているという。

 逮捕容疑は5月16日午後、埼玉県戸田市笹目のホテルで、都内の高校3年の女子生徒(17)に現金約2万円を渡し、みだらな行為をしたとしている。

 同課によると、兼次容疑者はモデル募集掲示板に書き込みをしていた女子生徒に「水着などの撮影モデルを募集している」とメールで勧誘。ホテルで女子生徒の裸や水着姿などの写真を撮影し、みだらな行為に及んだ。女子生徒は「モデルとして売れるために我慢した」と話しているという。

【関連記事】
わいせつ送検の前アート社会長恐喝容疑、芸能事務所元代表を逮捕
“ショタ”サイト活発化で警察当局が本腰 歪んだ性に走るマニアたちの告白
アートんでもない…“タレントの卵”淫行の大物会長、ドイツ少女にも性的行為
直撃!教師が16歳&14歳姉妹にエロ行為を強要
「こりほぐす」と下半身触る 整体師逮捕

南アW杯 ヨハネスブルクで祝祭沸騰(産経新聞)
遣唐使オペラ上演 薬師寺玄奘三蔵院(産経新聞)
<南アW杯>名古屋は42.8% 瞬間最高視聴率(毎日新聞)
<弁護士殺害>犯行現場にスタンガン 横浜の事務所(毎日新聞)
最もイメージの良いアスリート、トップはあの野球選手(Business Media 誠)



<カネミ油症>被害者救済法制定求め市民集会 東京・霞が関(毎日新聞)

 1968年に西日本一帯で起きた国内最大の食品公害「カネミ油症」の被害者救済法制定を求める市民集会が4日、東京・霞が関の弁護士会館であった。主催した支援団体などは医療費の自己負担分や健康管理手当を国が支給するとの骨子案をまとめ、民主党などに議員立法を働きかけたが今国会では提出が見送られた。被害者らは「絶望しかけたが、薬害エイズで活躍した菅直人さんが首相になった今度こそ救ってもらいたい」などと訴えた。

 福岡長崎の被害者ら約120人が参加。水俣病研究で知られ、油症患者の検診もする原田正純・元熊本学園大学教授が特別講演、高齢化が進む今も内臓疾患などに苦しむ患者の現状を語った。被害者も「体調不良で働けず、苦しくて自殺を考えたこともある。医療費や生活費が必要」と法制定を求めた。【高倉友彰】

【関連ニュース
カネミ油症:救済法案提出を断念 民主党
カネミ油症:救済法案提出を断念
きのうの夕刊から:「カネミ」未認定、新たに130人
カネミ油症:未認定新たに130人 長崎・五島市調査
カネミ油症:未認定、新たに130人 長崎・五島市が調査

<国道2号騒音訴訟>原告被告とも控訴 広島高裁に(毎日新聞)
米大統領と電話会談へ=菅新首相(時事通信)
山田氏、東京から出馬 日本創新党が結党大会(産経新聞)
菅首相 閣僚人事、綱引き続く 側近と調整(毎日新聞)
日本を「劣化」させたくない(産経新聞)



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。